「Sahara Eliki & microAction presents 砂丘の裏側 サハラ砂漠」@ Japan Tour 2018

Ousmanejpg

Sahara Eliki & microAction presents
「砂丘の裏側 サハラ砂漠」
.
”Ousmane Ag Mossa” solo live in Japan 2018 (TAMIKREST / Tuareg from Azawad)
+ ”Caravan to the future”

.
マリ北部、アザワドの戦地からやってきたトゥアレグの音楽で闘うバンド、「タミクレスト」のウスマン(ギター/ボーカル)、 そして千年前から続くトゥアレグの伝統的な塩キャラバンの密着取材した「Caravan to the future」監督のデコート・豊崎アリサが共同して、「砂丘の裏側」にある遠いサハラ砂漠へ誘う。

このイベントはサハラ砂漠の塩キャラバンを支援する
「Caravan to the future project "らくだ"オーナー」をファウンディングを支える
詳しくは→https://sahara-eliki.org/
.
[facebook event page]
https://www.facebook.com/events/2152055135030564/?ti=icl
.
◉4/17(tue) Hokkaido 旭川ココぺリ
Caravan to the future + Solo Live, Guest: OKI (Oki dub ainu band)
.
開場/18:00 開演/19:00
料金:2,500円(1drink付)
※高校生以下無料、大学生半額
.
(問) ココペリ 0166-84-5938
北海道 上川郡当麻町 中央6区 当麻スキー場向い
https://tabelog.com/hokkaido/A0104/A010405/1005182/
.
◉4/22(sun) Saitama 越谷ASYLUM
Solo Live
w/TURTLE ISLAND, タテタカコ, 羊歯明神, うつみようこ & more
.
(問) https://www.koshigaya-asylum.com/koshigaya-asylum/2018/
.
◉4/23(mon) Tokyo 渋谷アップリンク
Caravan to the future + mini-Live, Guest talk: 石田昌隆
.
開場/20:20 開演/20:30
料金:2,500円
(問) http://www.uplink.co.jp/event/2018/50851
.
◉4/29(sun) Kanagawa 鎌倉ユニバイブ
Solo Live + Caravan to the future(VJ)+ Talk
開場/18:00 開演/19:00
料金:3,000円
(問) http://univibe.jp/
神奈川県鎌倉市御成町7−13
0467-67-8458
.
◉5/02(wed) 逗子海岸映画祭 with Peter Barakan
Solo Live
(問) https://zushifilm.com/
.
◉5/8(tue) Kanagawa 横浜GrassRoots
Solo Live, Guest: OKI (Oki dub ainu band)
.
開場/19:00 開演/20:00
料金:予約/2,500円 当日/3,000円(+drink代別)
.
(問) http://grassroots.yokohama/
神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2丁目13−3 渡辺 ビルB1F
045-312-0180
.
(予約) info@microaction.jp
件名を「5/8横浜」とし①氏名②人数③連絡先を明記の上送信して下さい。
.
◉5/09(wed) Tokyo 晴れたら空に豆まいて
Caravan to the future
Live:
Ousmane Ag Mossa
+ OKI (Oki dub ainu band)
Guest talk: Peter Barakan
.
開場/19:00 開演/19:30
料金:前売/予約 4,000円 当日/4,500円
.
(問) http://mameromantic.com/
東京都渋谷区代官山町20-20 モンシェリー代官山B2
03-5456-8880
(予約) info@microaction.jp
件名を「5/9代官山」とし①氏名②人数③連絡先を明記の上送信して下さい。
.
Total Information:
Sahara Eliki https://sahara-eliki.org/
microAction www.microaction.jp

冒険家の父に連れられて、子どもの頃から世界中を飛び回っていたというジャーナリストのデコート豊崎アリサ。2003年に彼女は、すでに何度も足を運んだサハラ砂漠に住む民の暮らしの密着取材を決意し、トゥアレグの伝統的な交易「塩キャラバン」の過酷な旅に4ヶ月間同行。その記録映像をもとにドキュメンタリー映画『Caravan to the Future』を完成させました。

 そして二度目の来日を果たすトゥアレグのバンド「タミクレスト」のボーカル兼ギタリスト、ウスマン・アグ・モサ。常に戦争と隣り合わせであるマリ北部の地域に生まれた彼はラクダには乗りません。祖先の土地「アザワド」の自治をめぐる混乱が日常であるという環境に育ち、武器を楽器に持ち替え音楽を通してトゥアレグの現状を世界に伝えるという活動に専念してきたため、これまでにトゥアレグの伝統文化に触れる機会がなかったのだといいます。彼の父親がかつて塩キャラバンに参加していたにもかかわらず──。

 しかし、サハラ砂漠の外からやってきた一人の女性が作ったドキュメンタリー映画と出会ったことにより、ウスマンは彼の祖先が古来から続けてきた営みの実態と現状に強く興味を持ち始め、現在は彼女が取り組んでいる「塩キャラバン支援プロジェクト」の活動を支持しています。


Ousmane Ag Mossa(TAMIKREST / Tuareg form Azawad)

ウスマン・アグ・モサはマリとアルジェリアの国境のサハラの村で生まれたアーティストである。小さい頃から、2000キロ離れたバマコ政権と自分のコミュニティであるトゥアレグとの内戦を体験している。トゥアレグは独特な言葉「タマシェック語」と母権性社会を持つ遊牧民の戦士である。1963年以降、マリ北部のトゥアレグは彼らの先祖の土地「アザワド」の自治を求め、マリ軍による虐殺を受けている。それで小さい頃からギターを演奏するウスマンは、音楽家ではなく、トゥアレグの権利を守る外交者や弁護士になりたかったという。2006年、トゥアレグの武装蜂起が再発し、故郷がマリ軍に破壊された後、ウスマンはアルジェリアに亡命する。その頃、彼は武装蜂起に合流しようとするが、結局、音楽で武器に、トゥアレグの現状を世界に訴えることを決心する。グラミー賞を受賞した伝説のトゥアレグのバンド「ティナリウェン」のインスピレーションを受け、ウスマンは「タミクレスト」=結びというバンドを形成する。タミクレストは政治色の濃い詩にマーク・ノプフレールやエリック・クラプトンの影響を受けた非常にロックの音で急速に頭角をあらわす。2008年、マリの国際的な「デザート・フェスティバル」に招かれたタミクレストは有名なドイツのレベールGlitterbeatのプロデューサーと出会い、2010年、初アルバム「アダール」はリリースする。​2011年、砂漠のガラージュ、アフリカのブルーズとピンク・フロイドのようなサイケデリックな音が混ざり合うセカンド・アルバム「Toumastin」をリリースする。マリ戦争や日本人が処刑されたアルジェリア人質事件が発生した2013年に、タミクレストは故郷から遠いブラハ(チェコ)でトゥアレグ女性を捧げる「Chatma」を録音した。テロ組織が侵入したトゥアレグ族のサハラ砂漠についての思いがこもったこのアルバムはワード・ミュージック​・ヨーロッパ・チャーツの一位になり、Songlines Music Awardsのベスト・バンドを受賞する。タミクレストはジゲットフェス、ロスキルド、ヲマード等というヨーロッパのもっとも有名な音楽祭やアメリカでワールドツアーを行った後、ウスマンは故郷に帰り、砂漠で作曲した新アルバム「キダル」を2017年にリリースする。同年、未知の世界の日本にツアーする際、タミクレストは「橋の下音楽祭」で出会う日本人のアーティストOKI などと新しいコラボレーションを考え、日本で次のアルバムの一部を作曲することを決める。また、タミクレストの日本ツアー時に一緒に上映されたドキュメンタリー映画『Caravan to the future』のデコート豊崎アリサ監督と出会うことによって、彼の祖先が古来から続けてきた塩キャラバンの実態と現状に強く興味を持ち始め、現在塩キャラバンを支援するファンディングを支持し始めた。

Date
May. 8, 2018Tue
Place
Japan Tour 2018
Open
Price
Free
各会場の詳細を、ご確認下さい