"出演"「『Trans Asia Music Meeting 2019』 〜トランス・アジア・ミュージック・ミーティング〜」@ 桜坂劇場

TAMM2019.jpg

沖縄とアジアの音楽ネットワークを構築することを目的に2016年にスタートした音楽カンファレンスです。沖縄とアジア各都市との音楽ネットワークを構築し、相互理解を深め、沖縄発の新たな音楽プラットフォームとして機能させることを目指しています。
 アジア各都市から20人以上の音楽関係者が来沖し、「トークセッション」「プレゼンテーション」「1on1ミーティング」「ネットワーク会議」(一部非公開)などを通して、音楽のネットワークのこれからを共有します。同時開催の街フェス「Sakurazaka ASYLUM(サクラザカ・アサイラム)」が、音楽ショーケースとなります。
 沖縄をハブにした音楽ネットワークの充実を図り、アーティスト/音楽のアジア・海外への発信をサポートできる仕組みづくりを目指します。

.
.
.
根木龍一(microAction)は、コーディネータ役で参加します。
.
.
Session E <Social Roles of World music festival / ワールドミュージック フェスティバルの社会的役割>
時間:13:55〜14:45
会場:桜坂劇場ホールC
 土地や民俗に根ざした音楽とポピュラー音楽をミクスチャーしたワールドミュージックは、世界各地で根強い支持を集めています。各地で開催されるワールドミュージック・フェスティバルは、音楽を通して、様々な土地の文化を紹介する場にもなっています。こうしたフェスティバルを行うことで、開催地にどのような影響や波及効果がもたらされるのか、アジアを代表する3つのフェスのディレクターに、それぞれの視点から、ワールドミュージック・フェスティバルの社会的な役割について紹介してもらいます。 
登壇者 / Speakers
Nicolas Ribalet(Sukiyaki meets the world・Japan /日本)
Jun Hung Lee(ACC world music festival・South Korea / 韓国)
Jun Lin Yeoh(Rain forest world music festival・Malaysia /マレーシア)
.
Coordinator/ コーディネーター:Ryuichi Negi / 根木龍一(橋の下世界音楽祭 / microAction・Japan /日本)

『Trans Asia Music Meeting 2019』
〜トランス・アジア・ミュージック・ミーティング〜
.
日程:2019年2月9日(土)-10日(日)
会場:桜坂劇場(那覇市牧志3-6-10)
料金:1日パス1,000円 2日パス1,500円 (*2/8は招待者のみ)
.
主催: Music from Okinawa / 桜坂劇場
お問合せ:桜坂劇場098-860-9555
.
◎プログラム
<2/9(土)>
Session B <Asian bands heading to the globe / アジアのバンドは世界を目指す>1時間:11:00〜11:50
会場:桜坂劇場ホールC
 たとえインディペンデントであっても志は高く、自らの音楽で世界を目指す。アジアにはそうしたバンドが数多く登場しています。その代表とも言えるバンドのメンバーに集まってもらい、どのような意識で海外を目指しているのか、またその具体的なやり方はどうなのか、成功例、失敗例なども含めて話を聞いていきます。
登壇者 / Speakers
Kwangmin Seo(Laybricks・South Korea / 韓国)
Imam Wisaya Surataruna(lightcraft・Indonesia / インドネシア)
Naoki Kaneko / 金子直樹(UHNELLYS・Japan / 日本)
Taro Oshiro / 大城太郎(Kachimba4・Okinawa / 沖縄)
Coordinator: Ryuji Noda / 野田隆司(Music from Okinawa・Okinawa / 沖縄)
.
.
.
Session C <Introduction for Musiconnect Asia / Musiconnect Asiaが目指すこと >
時間:12:05〜12:35
会場:桜坂劇場ホールC
 インド、コルカタを拠点に活動するKaushik Duttaが、"Musiconnect Asia"のアイデアを思いついたのは、一昨年、沖縄での「Trans Asia Music Meeting」への参加がきっかけでした。広域にわたるアジアの国々を地域ごとにまとめて、音楽ネットワークを構築していくという"Musiconnect Asia"の構想。情報を集積、発信し、アジア圏でのツアールートを確立し、音楽と人をつないでいく。そのビジョンと具体的な今後の展開について紹介してもらいます。   
登壇者 / Speakers
Kausik Dutta(Musiconnect Asia・India / インド)
.
.
.
Session D <What is a showcase festival? / ショーケース・フェスティバルってなんだ?>
時間:12:50〜13:40
会場:桜坂劇場ホールC
 新しいバンドの紹介の場、売り出しの場でもあるショーケース・フェスティバルは、どのように機能しているのでしょうか? そこでアーティストは自らをどう売り出し、どのようにネットワークを構築していけばいいのか? また、そのラインナップに選ばれるための工夫とは? 各地の事例をもとに、それぞれのディレクターからより具体的な話を聞いていきます。 
登壇者 / Speakers
Kong Dalse Yoon-young(Zandari festa・South Korea / 韓国)
KK Yeh(Luc fest・Taiwan / 台湾)
Madrim Djody(Archipelago Festival・Indonesia / インドネシア)
Coordinator / コーディネーター:Shota Moriwaki / 森脇将太(Music from Okinawa・Okinawa / 沖縄)
.
.
.
Session E <Social Roles of World music festival / ワールドミュージック フェスティバルの社会的役割>
時間:13:55〜14:45
会場:桜坂劇場ホールC
 土地や民俗に根ざした音楽とポピュラー音楽をミクスチャーしたワールドミュージックは、世界各地で根強い支持を集めています。各地で開催されるワールドミュージック・フェスティバルは、音楽を通して、様々な土地の文化を紹介する場にもなっています。こうしたフェスティバルを行うことで、開催地にどのような影響や波及効果がもたらされるのか、アジアを代表する3つのフェスのディレクターに、それぞれの視点から、ワールドミュージック・フェスティバルの社会的な役割について紹介してもらいます。 
登壇者 / Speakers
Nicolas Ribalet(Sukiyaki meets the world・Japan /日本)
Jun Hung Lee(ACC world music festival・South Korea / 韓国)
Jun Lin Yeoh(Rain forest world music festival・Malaysia /マレーシア)
Coordinator/ コーディネーター:Ryuichi Negi / 根木龍一(橋の下世界音楽祭 / microAction・Japan /日本)
.
.
.
.
.
<2/10(日)>
Session F <What today's management is doing? / マネージメントという仕事について>
時間:10:30〜11:00
会場:桜坂劇場ホールC
 台南でLUC festをオーガナイズするWeining Hungは、台湾とヨーロッパを行き来しながら、アジアの音楽を欧米に紹介する試みを続けている。音楽をマネージメントするということについて、身近で見ているタイのシンガーソングライターPhum Viphurit(プム・ヴィプリット)の例などを含めて話をしてもらいます。
登壇者 / Speakers
Weining Hung LUC fest Taiwan / 台湾
.
.
.
Session G <Tips for delivering music to China, Mongolia and Taiwan / 中国・モンゴル・台湾に音楽を届けるためのヒント>
時間:11:15〜12:05
会場:桜坂劇場ホールC
 中国、モンゴル、台湾、それぞれの地域で音楽シーンに関わるプロデューサー、ディレクターに、現地の状況を紹介してもらいます。それぞれのマーケットに分け入る手立てはあるのか、具体的な事例を含めて話を聞いていきます。
登壇者 / Speakers
Lu Zhong-Kiang(13th Month Culture・China /中国)
Nola Ni(13th Month Culture・China /中国)
Natsagdorj Tserendorj (Playtime Festival・Mongolia / モンゴル)
寺尾ブッダ / Budda Terao(Big Romantic records・Taiwan / 台湾・Japan / 日本)
Coordinator / コーディネーター:Shogo Komiyama / 小宮山省吾(Japonics・Japan / 日本)
.
.
.
Session H <New Music Platform from Korea / 韓国発の新たな音楽プラットフォーム>
時間:12:20〜12:50
会場:桜坂劇場ホールC
 DOINDIEは、Webzineからスタートした音楽プラットフォーム。韓国のインディーズシーンをサポートし世界に紹介していくためにスタートしたバイリンガルサイトです。最近ではアジアのバンドとヨーロッパのバンドが交互に互いの地域をツアーで行き来する新たなシステムもスタートさせました。こうした仕組みを紹介してもらうとともに、沖縄や日本のアーティストとのコラボレーションの可能性などについても話をしてもらいます。
登壇者 / Speaker
Doyeon Lim(DOINDIE・South Korea)
.
.
.
Session I <Music festival from Southeast Asia / 東南アジア発の音楽フェスティバル>
時間:13:05〜13:50
会場:桜坂劇場ホールC
 昨今、東南アジアでも多くの音楽フェスティバルが活況を呈しています。それぞれのアプローチで、現地の音楽シーンを盛り上げているキーパーソンに、現状と今後のビジョンを紹介してもらいます。また、沖縄、日本からそこにアプローチするヒントもお話しいただきます。
登壇者 / Speakers
Sarun Pinyarat (Fungjai / Maho Rasop Festival・Thailand / タイ)
Passawan Srilan(Cat Radio / Cat Expo・Thailand / タイ)
Christpher Rodorigo(Esplanade・Singapore /シンガポール)
Teguh Wicaksono(Archipelago Festival・Indonesia / インドネシア)
Coordinator / コーディネーター:Ryuji Noda / 野田隆司(Music from Okinawa・Okinawa / 沖縄)
.
.
.
Session J <1on1 Meeting>
時間:15:00〜16:00
会場:桜坂劇場・さんご座キッチン
" 海外のフェスティバルや音楽シーンに関する情報収集や、自らの売り込みなどに活用できる、各国からの登壇者とアーティストのマッチングの場です。制限時間は1コマ15分。コミュニケーションの基本は英語となります。音源や英文プロフィールを持参の上、ご参加ください。
*事前のサインアップが必要です。2/10(日)当日朝、桜坂劇場入口に、サインアップ用のボードを設置します。
.
.
.
支援:沖縄県・公益財団法人沖縄県文化振興会 後援:那覇市
平成30年度沖縄文化芸術を支える環境形成推進事業

Date
Feb. 8, 2019Fri
Place
桜坂劇場
Open / Start
11:00/11:00
Price
Adv.: ¥1,000Door: ¥1,000
1日パス1,000円 2日パス1,500円 (*2/8は招待者のみ)