"出演"「Trans Asia Music Meeting 2020」@ 沖縄桜坂劇場

tamm2020_flyer.jpg

5回目となる『Trans Asia Music Meeting(TAMM)』を、2020年2月21日(金)〜23日(日)に、那覇市の桜坂劇場で開催します。

『TAMM』は、沖縄とアジアの音楽ネットワークを構築することを目的に2016年にスタートした国際音楽カンファレンスです。沖縄とアジア各都市との音楽ネットワークを構築し、相互理解を深め、沖縄発の新たな音楽プラットフォームとして機能させることを目指しています。

CDから配信・ストリーミングへ、音楽業界の構造は日々変化しています。これまで日本の音楽業界では国内マーケットだけを意識すれば良いという状況でしたが、アジアを見渡すと、誰もが当たり前に、海外のマーケットへのアプローチを行い、成功を収めています。『TAMM』は、沖縄発でアジアの音楽関係者とのつながりを持ち、ネットワークを構築し、アーティストの海外展開のための情報を提供する場でもあります。

今回、アジア各都市、日本国内から30人以上の音楽関係者が来沖します。
「トークセッション」「プレゼンテーション」「1on1ミーティング」「ネットワーク会議」(一部非公開)などの多彩なプログラムを通して、新たな音楽ネットワークを共有し、沖縄を軸に多くの国・地域の音楽が行き交うような環境を構築します。
同時開催の街フェス「Sakurazaka ASYLUM(サクラザカ・アサイラム)」が、音楽ショーケースの役割を果たして、街を音楽で彩ります。

『Trans Asia Music Meeting(TAMM)』を通して、沖縄をハブにした音楽ネットワークの充実を図り、アーティスト/音楽のアジア・海外への発信をサポートできる仕組みづくりを目指します。


詳細:https://musicokinawa.official.ec/blog

【Day1】
2月21日(金)
19:00-21:00
Opening Reception / オープニング・レセプション(会場:桜坂劇場・さんご座キッチン)
*会費制2,500円(フリードリンク・軽食付)

【Day2】
2月22日(土)
10:00-11:00
1on1 meeting(会場:桜坂劇場・さんご座キッチン)
*通訳増員しました。

<以下のすべてのプログラムは、日本語・英語の同時通訳がつきます>

11:00-11:15
Short pitch 1
「CAT RADIO / CAT EXPO」(会場:桜坂劇場ホールB)
スピーカー
Tuk Tuk Passawan(CAT Radio・Cat Expo / タイ)(会場:桜坂劇場ホールB)

11:15-12:00
Session 1 「東南アジアをツアーするためのヒント / Tips for touring South East Asia」(会場:桜坂劇場ホールB)
スピーカー
Mak Wh(City Roars Festival・Live Fact / マレーシア)
Piyapong Muenprasertdee(Bangkok Music City・Fungjai / タイ)
Joff Cruz (Swan Zoo / ベトナム)
Bel Certeza(Indie Manila・Homonym / フィリピン)
コーディネーター
Marianne Chang(Bandwagon / シンガポール)

12:15-12:30
Short pitch 2「Playtime Festival」(会場:桜坂劇場ホールB)
スピーカー
Natsagdorj Tserendorj(Playtime Festival / モンゴル)

12:30-13:00
Session2
<プレゼンテーション / Presentation>
「ファン・エンゲージメントの増やし方 / How to increase fan engagement」(会場:桜坂劇場ホールB)
スピーカー
Apryl Peredo(Inter Idoru / USA・日本)

13:45-14:30
Session3
「ワールドミュージック・フェスティバルの現在 / Current situation for World Music Festival」(会場:桜坂劇場ホールB)
スピーカー
Jung Hung Lee(Ulsan Jazz Festival• Seoul Music Week・GloMMnet / 韓国)
Nicholas Ribalet(Sukiyaki Meets The World / フランス・日本)
Husniddin Ato(OXUS Culture / ウズベキスタン)
コーディネーター
Ryuichi Negi / 根木龍一(橋の下世界音楽祭・Soul Beat Asia / 日本)

14:45-15:00
Short Pitch3
「13 th Month Culture」(会場:桜坂劇場ホールB)
スピーカー
Lu Zhong-Kiang(13th Month Culture・China Music House / 中国)
Nola Ni(13th Month Culture・China Music House / 中国)

15:00-15:15
Short Pitch4「A Trip Taiwan」(会場:桜坂劇場ホールB)
スピーカー
John Huang (A-Trip / 台湾)

15:15-16:00
Session4
「アジアの外側で実感するアジアのインディペンデント音楽の可能性
  / Possibilities of Asian independent music realized outside Asia」(会場:桜坂劇場ホールB)
スピーカー
Andy Jones (Focus Wales / ウエールズ)
Evan Murray (Wonderwall Media・Live At Heart Newfoundland / カナダ)
Apryl Peredo(Inter Idoru / USA・日本)
コーディネーターMC Galang (The Rest Is Noise / フィリピン)

【Day3】
2月23日(日)
10:00-11:00
1on1 meeting(会場:桜坂劇場・さんご座キッチン)
*通訳増員しました。

<以下のすべてのプログラムは、日本語・英語の同時通訳がつきます>

11:00-11:15
Short pitch 5
「Bandwagon」(会場:桜坂劇場ホールB)
スピーカー
Marianne Chang (Bandwagon / シンガポール)

11:15-12:00
Session5
「インディーズ・シーンにおけるショーケースフェスティバルの役割
   / The role of the showcase festival in the independent music scene」(会場:桜坂劇場ホールB)
スピーカー
Kong Dalse Yoon-Young(Zandari Festa / DMZ Peace Train Music Festival / 韓国)
Weining Hung(LUCfest・9-kick / 台湾)
Piyapong Muenprasertdee(Bangkok Music City・Fungjai / タイ)
コーディネーター
John Huang(A-trip / 台湾)

12:15-13:00
Session6
「2020年代のライブ会場はどこを目指すのか / How live venues should be in the 2020s」(会場:桜坂劇場ホールB)
スピーカー
Shinichiro Honda / 本多真一郎(Zepp Hall Network / 日本)
Ayako Sanjo / 三條 亜也子(WWW / 日本)
Budda Terao / 寺尾ブッダ (月見ル君想フ / Moon Romantic ・BigRomantic Records / 日本・台湾)
コーディネーター
Ryuji Noda / 野田隆司(Music from Okinawa / 沖縄)

13:45-14:15
Session7
<プレゼンテーション / Presentation>
「デジタル・インターネット・モバイル全盛の世界で、ライブ・ミュージックがなぜ重要なのか
  / Why is 'live music' still important in the digital-internet-mobile world」(会場:桜坂劇場ホールB)
スピーカー
Hyunjoon Shin(Sunkonghoe University professor / 韓国)

14:30-15:15
Session8

「海外マーケットを目指す理由 / Why you should aim for overseas markets」(会場:桜坂劇場ホールB)
スピーカー
PYRA(Artist / タイ)
Darren Teh(Artist:An Honest Mistake / マレーシア)
Darthraider (Artist: THE BASSONS / 日本)
Yuka Takara / 高良結香(Artist / 沖縄)
コーディネーター
Satoru Koda / 幸田 悟(沖縄LOVElog・Okinawa love log・沖縄)

15:30-16:15
Session9
「危機を機会に変える:日本のアーティストはいかにアジアのマーケットを目指すのか
  / Turning crisis into opportunity: How Japanese artists aims for Asian market now」(会場:桜坂劇場ホールB)
スピーカー
Ginn Sentaro(dessin the world / タイ・日本)
Ryuichi Negi / 根木龍一(橋の下世界音楽祭・Soul Beat Asia / 日本)
Kohei Saito / 齋藤幸平 (Fukuoka Asian Picks / 日本) 
Budda Terao / 寺尾ブッダ (月見ル君想フ / Moon Romantic ・BigRomantic Records / 日本・台湾)
コーディネーター
Ryuji Noda / 野田隆司(Music from Okinawa / 沖縄)


料金:1日パス1,500円 2日パス2,500円 (2/21はレセプション・会費制)
* TAMMチケット購入の方は「Sakurazaka ASYLUM 2020」のチケットを特別価格(3,000円)でご購入いただけます。
チケット販売店
プレイガイド:桜坂劇場窓口/Music from Okinawa Web Shop/イープラス・ファミリーマート/ローソンチケット/チケットぴあ/他

お問い合わせ・電話予約=桜坂劇場098-860-9555

主催: Music from Okinawa / 桜坂劇場
後援:一般財団法人沖縄観光コンベンションビューロー
メディア・パートナー: 沖縄LOVEweb(沖縄)・Storywriter(東京)・Band Wagon(シンガポール)

支援:沖縄県・公益財団法人沖縄県文化振興会 
平成31年度沖縄文化芸術を支える環境形成推進事業

Date
Feb. 21, 2020Fri
Place
沖縄桜坂劇場
Open
Price
Adv.: ¥1,500Door: ¥1,500
一日券1500円 / 二日券2500円