News - 2013

marjinal_cdr.jpg

緊急告知!!! 12/10より「MARJINAL - JAPAN LIMITED EDITION 2013」販売開始のお知らせ!!!

お待たせしました! 今回ジャカルタパンクス、MIKE(MARJINAL)の来日に伴いMARJINAL限定版CDRを先日microActionよりリリースさせて頂きました。本当に名盤ができたと思っています。MARJINALのマイクと監督アユミちゃんと話し、未だ少し在庫がありますので、microAction online shop、ダイオウイカ、JABARA、VIVISICK、CHEERIO、TURTLE ISLANDのライブ会場、沖縄の反骨商店 NEVER MINDので販売を開始します。明日12/10より先行でmicroAction online shopで販売開始します。アーティストライブ会場は随時販売していきますが、枚数に限りがありますので無くなり次第終了となります。この機会にぜひ!!!
(画像はMASAAKI"KOBA"Captainより転載)

ti_jkt_date.jpg

8.15 遂に"TURTLE ISLAND" New Album が解放!!!

TURTLE ISLAND 待望のフルアルバムが完成。
日本のお囃子やチンドン等 日本やアジア、モンゴロイドのGROOVEと、パンクやロック、レゲエサウンドから民謡、各国土着音楽まで勝手雑多に飲み込んだ極東八百万サウンド。タートルアイランドの「土着"ズンドコビート"」と独自の世界観や節回しを磨きつつ 自分たちのルーツ 遺伝子 細胞 魂の踊る音楽を模索追及した本作は、代表曲の「宇宙の真ん中」(新録音 New Ver)、パンク歌舞伎で披露した新曲、アルバムタイトルにもなる「空空神々」「エスカルゴ」をはじめ、まさにズンドコビートといえる「時代頂舞」「サバイバー」も収録。橋の下世界音楽祭や、バスク~モロッコ~ニューヨーク~中国と四カ国の海外ツアーも果たし、更にモンゴロイドのグルーブを昇華した最高傑作!全11曲完全必聴盤!!!

sba_dvd.jpg

お待たせしました!!!緊急先行発売!!!!!「橋の下世界音楽祭 〜SOUL BEAT ASIA 2012〜 CD+DVD」

ウッドストックもセカンド・サマー・オブ・ラブも1985年のキングストンにも間に合わなかったけれど、2012年の橋の下で繰り広げられた奇跡の瞬間には立ち会うことができた――。平和的かつ音楽的な現代の一揆であり、日本のバーニングマン。アジアのルーツと未来を橋の下の祝祭空間のなかで照らし出してみせた世紀の奇祭「橋の下世界音楽祭 SOUL BEAT ASIA 2012」、あの2日間がDVDで蘇る!
(大石始)

6_2kokuchi.jpg

6/3-6/18 "online shop" 配送業務お休みのお知らせ。

橋の下世界音楽祭開催準備〜本祭り〜タートルアイランド中国ツアーのため
microAction online shopの配送業務を、6/3〜6/18まで、お休みさせて頂きます。
ご注文は承っておりますので、よろしくお願い致します。
ご理解と、ご協力をよろしくお願い致します。

kame_okinawa.jpg

3/6-11 online shop 配送業務お休みのお知らせ。

TURTLE ISLAND 沖縄公演のため
3/6〜3/11までの、microAction online shopの配送業務を、お休みさせて頂きます。
ご注文は承っておりますので、よろしくお願い致します。

ご理解と、ご協力をよろしくお願い致します。

ti_nyc.jpg

online shop 配送業務お休みのお知らせ。

TURTLE ISLAND New York 公演のため
microAction online shopの配送業務を、お休みさせて頂きます。
ご注文は承っておりますので、よろしくお願い致します。

ご理解と、ご協力をよろしくお願い致します。

logo-1.jpg

2/13 TURTLE ISLAND New York 初上陸!!! 第一弾は「blackmeans × TURTLE ISLAND」!!!!!

「blackmeans × TURTLE ISLAND」で
"LEATHER JAPAN 2013"のプレゼンテーション「TOKYO A BOUT」に参加。 
@NYマンハッタン / リンカーンセンター内BOX(インビテーション制の公演です)

詳細はこちら

530663_10151363578268007_1552748232_n.jpg

【本日2/1をもって桜木町ACTiON閉店致します】

やり続けて来たことが
終わりに向かっていくのは
哀しさと同時に次なる希望にも満ち溢れている。人が集えば集うほど、有難さと表裏にある切なさも同時に感じ、感謝でいっぱいです。