Yorocco Beer × USUGROW - 「受付終了」"Black Sword" Belgian black IPA(Beer + T-Shirts)

【SOLD OUT】この商品は売り切れました。

「沢山の御注文頂き、ありがとうございました。予定数に達しましたので受付終了とさせて頂きます」

野田昌志 監督のイメージビデオはこちら

YOROCCO BEER
USUGROW
野田昌志

ヨロッコビールは日本のベスト50にも選ばれています。
http://www.ratebeer.com/country/japan/105/

ビールのみの販売は、microaction web marketでは行っておりません。

こちらの商品はビールと同梱となるため、未成年者の方はオーダーできません。
※年齢確認のため、備考欄に生年月日の記入をお願いします。

発送:Yorocco Beer
販売元:Yorocco Beer
(※発送はT-Shirtsと同封で7/7以降を予定しております)

合計金額:
microAction web marketでは受付のみとなります。
通常時の送料と異なりますので
合計金額、振込先、送料込みの合計金額をメールにてお知らせさせて頂きます。

送料:microAction web market の通常送料と異なります。(以下をご確認下さい)
金額は、商品代+箱代実費(¥150)+送料を合計したものとなります。
恐れ入りますが、振り込み手数料、代引き手数料はお客様でご負担をお願いいたします。
 佐川急便クール便利用(消費税込み)
 
関東・東海・北陸・信越・南東北
766円
北東北・関西
853円
中国
939円
四国
1026円
北海道・九州
1112円
離島
別途お問い合わせ


※ビールのみの販売は、Yorocco Beer 醸造所店頭にて行なっております。
http://www.yorocco-beer.com/

[BLACK SWORDとは]
事の発端は、2015年の橋の下世界音楽祭でした。僕らは麦酒屋として参加してましたが、絵師として 参加していたUSUGROWくん。ビールを飲みつつ談笑しつつ、僕らのカウンターに筆を入れてくれた瞬 間がありました。あの独自のカリグラフィースタイルで。このときの橋の下では、大阪のCASPERくん (山栄ART工房)に、あの「ヨ」が6個の看板も描いてもらえたり、なんとも絵師の方たちと贅沢な時 間を過ごさせてもらったのですが、その瞬間のことが頭に焼き付いていて、帰ってからもずっと忘れら れないでいました。 同じ頃に、僕は作業中はほぼずっと音楽を聴いているのですが、GZAというアメリカのヒップホップ のアーティストの"Liquid Swords"というアルバムをよく聴いてて、"Liquid Swords"=液体の刀って意味な んで、これはそんなビールを造ってみたいなと思ってました。 ただ、液体の刀と言っても、それが金色のビールじゃなんだか当たり前というか面白みにかけるの で、これもまたその時期によく聴いていたボンクラ峠の「田んぼと煙突」というアルバムがあるのです が、そこから感じた「対比/コントラスト」の面白さ(これはもうこの「田んぼと煙突」という曲をよ く聞くと感じると思うので、ぜひ聴いてみてください)みたいのも入ってきて、黒いけど切れ味は鋭い みたいな方が面白いんじゃないか、見た目を裏切る味わいの方が面白いんじゃないかと、どんどんシフ トしていったわけです。 そうやってビールのコンセプトが練れてきて、そうなるとこれはもう必然の流れというか、ビールの イメージ、世界観ともぴったりのアーティスト、いやアーティストのイメージ・世界観にぴったりの ビール? このビールではUSUGROWくんにラベルを描いてもらうしかないと勝手に決め込んで、、 そこからは、まず小菅でUSUGROWくんたちがやってる「HHH gallery」に息子を連れて会いに行って (一人じゃ緊張したから...笑)、ラベル製作をお願いしてという感じです。すでにUSUGROWくんは世 界を股にかけて活動していますが、僕の話しをじっくり聴いてくれて快諾してくれました。それが昨年 の6月か7月の頃の話しです。USUGROWくんの描いたものは、若い頃からライブハウスやフライヤーで 見てきていましたが、その後、東京での個展(”ORGANIC CONTRAST – 薄黒の仕事展")でも、その世 界観に圧倒されてきました。最終的にはアトリエにもお邪魔させてもらって、”刀”について話したり。 余談ですが、アイヌの人たちはかつて酒を造る際に、カムタチ(麹)と蒸し米を入れた発酵容器の上 に、魔除けの"刀"を置いたそうです。酒を悪神から守り、仕込みの成功を祈るために。 ビールのコンセプト自体は出来てましたが、それにどう肉付けしていくか、どんなレシピ・技法をと るかというのは、最終的にはやはりビールを仕込んで試さないと分からないので、テストバッチ的に何 度かイメージと味を擦り合せる作業を行いました。去年にリリースした"Fruit of Darkness"なんかは、こ の"Black Sword"の前段階にあたるビールです。ビールの色合いの調整方、ホップの投入タイミングなん かは、かなり似通っています。 酵母は"Cultivator"に使用しているものと同じもの。Attenuation(発酵による糖度の落ち具合)はかな り高く、それでいてトロピカルなフレーヴァーを産み出すという、僕にとってはまさに「名刀」のよう な存在。 色は黒いけど、黒いビールにありがちなもっさり感や焙煎香は極力控えめに。キリッとしたドライさ とホップのビタネスが、まず口内を斬り込みます。そして永く続く余韻は、酵母の醸し出す南国の果実 調のフレーヴァーとホップの柑橘調の香り。 液温が上がるにつれ、その余韻はどんどん深くなってゆくように感じます。だから一杯をじっくり楽 しんでもらえたら嬉しいです。(冷蔵庫で数ヶ月〜1年くらい熟成させても変化を楽しめると思います。) ラベルとビールをシンクロさせるという試みは、ずっとやってみたかったのですが、それが「橋の 下」がきっかけで、USUGROWくんと一緒にできて、本当に感慨深いです。

Artist
Yorocco Beer × USUGROW
Item Name
「受付終了」"Black Sword" Belgian black IPA
Cat No.
MAY-0
Date
Jun. 21, 2016
Format
Beer + T-Shirts
Price

¥5,185

【SOLD OUT】この商品は売り切れました。